よい会社の小岩良です。新年おめでとうございます。
これまで出会った方々と、これから出会う方々の幸せを、世界遺産である「平泉」でお祈りしてきました。
本年も、宜しくお願い申し上げます。
大雪で、スーツに長靴な点だけは、ご容赦くださいませ。

また、新年の抱負を、動画に収めました。
ご興味ある方のみ、下へスクロールの上でご覧くださいませ。

2021年 新年のご挨拶(動画)

  • 新年のご挨拶 00:17~
  • 顧客の幸せを追求する 02:25~
  • 自社のワクワクを追求する 07:27~
  • 本年の重点取り組み 10:45~

新年のご挨拶(00:17~)の要約

お正月休みは、どのように活用されましたか?
私は「2021年どのように在りたいのか」自問自答して過ごしました。そこで浮かんだキーワードは2つ。

  • 顧客の幸せを追求する
  • 自社のワクワクを追求する

この2つのキーワードは、自社のビジョン

誰もが、可能性と能力を発揮しあえる社会実現のために、
顧客・パートナーとの関わりを通じて、世界を「よりよく」前に動かし続ける
それが、私たち「よい会社」です。

という原点を再確認することができた、重要な時間であったと感じます。

2021年、あなたはどのような取り組みをしていきますか?
そのために、自社の資源をどのように活用してい来ますか?

貴社の価値がより高まること、貴社が新しい価値を生み出して「世の中をより良くしていく」こと。これらを、心から応援・お祈りしています。本年も宜しくお願い申し上げます。

顧客の幸せを追求する(02:25~)の要約

昨今、外部環境が大きく変わりました。目の前のことに対処し、必要な改善を加える、これからのために下準備する、そんな1年だったのでないでしょうか。
世の中では、少ない接触機会でより多くお客様に喜んでいただくことを、新しい事業にする、全社で工夫する、このようなことが行なわれてきたはずです。

一例として、クラウドファンディング、新商品・新サービスを作り表彰される、テレビで取り上げられる、SDGsに取り組む、社内インフラをテレワーク環境に見直す…など、貴社においても様々な取り組みが行われたことと想像します。

ここでもう一回振り返ってほしいわけです。
「その取り組みが顧客の幸せにつながっていているのか」という点です。

自社のワクワクを追求する(07:27~)の要約

ワクワクという単語は、幼稚でビジネスとかけ離れた印象を持つかもしれません。しかしながら、何かを実現したい、何が何でも達成したいう想いであり、無限なエネルギーとも言える存在でもあります。その何かを達成したいと突き動かす「気持ち」を、仕事に応用していきたいのです。

実現したい、達成したいことは何か?と考え続けた結果、ここに行き着くわけです。

誰もが、可能性と能力を発揮しあえる社会実現のために、
顧客・パートナーとの関わりを通じて、世界を「よりよく」前に動かし続ける
それが、私たち「よい会社」です。

結論から言うと、お客様・パートナーと、一緒に取り組んでいきたい。
お客様を通じて、世界をより良く、前に動かし続けていたい。
ここが、自社がワクワクするエネルギーだと、原点に立ち返りました。

あらためて、ビジョン「現実から飛躍しているが、実現を信じることができる未来像(引用元:佐々木直彦著 プロデュース能力)の力は、本当に大きく大切であることを感じた瞬間でもありました。

本年の重点取り組み(10:45~)の要約

弊社は研修講師、商品サービスの企画立案、事業変革・イノベーション創造などを企業に提供しています。これらは、あくまでも手段です。顧客を幸せにする、顧客を通じて世の中をよりよく前に押し進めるための手段でしかありません。この手段を使い、自分達がワクワクしながら、世の中がハッピーになるというところを突き詰めていくと、

私たちは「お客様と一緒に、新しい事業・新しい商品・新しいサービスを作る」

ここにこだわっていくことが当然であると、原点に立ち返ります。

  • 企業の管理職・リーダーと、事業創造・事業変革を推し進める
  • 企業の新入社員・内定者と、新商品・新サービスを生み出す
  • 複数の企業と、内定者と、新商品・新サービスを生み出す

2021年は、これらに取り組んでいきたい。
賛同いただける方がいれば、是非ご連絡をいただきたい。お待ちしています。

では、本年も宜しくお願い申し上げます。