事例16:コンビニが飲み込んでいく、自社商品や地域商品